トーナメント

トーナメント

投稿日:

Pocket

トーナメントではスタックサイズがディープスタックから始まり、ミドルスタック、ショートスタックと変化していくためスタックに応じたプレーが求められます。また相手のプレーヤーをよく観察し、相手に合わせて適切なプレーをしなければなりません。

 

序盤

トーナメントの序盤はキャッシュゲームに近い感覚になります。この段階では投機的なハンド(ポケットペアやスーティッドコネクターのようなヒットすると相手の全スタックを奪えるハンド)を積極的にプレーし、ダブルアップを狙っていきます。

 

3Bet

AA、KKのようなスーパープレミアムハンドが来ると、フラットコールしスロープレーが好きなプレーヤーもいます。なぜならレイズした相手にフォールドされたくない、または後ろにアグレッシブなプレーヤーが控えていてスクイーズしてほしい、自分のハンドを相手に分かりづらくする等の理由からです。

しかし一般的にはプレミアムハンドではポットを膨らませたいので、3Bet するのが普通です。ここではレイズした相手が下手なプレーヤーで3Bet に対してフォールドできないので3倍程の3 Bet をします。A8s はドミネイトされている可能性が強くポジションがないのでフォールドしたほうがいいと思うのですが、相手はコールしました。

 

理想的なフロップが落ちスリーカードです。相手がフラッシュドロー以外は安全でしょう。自分が勝っていると分かっているのでポットを大きくしたいです。しかし相手がヒットしていないとき、フォールドしてほしくありません。またKが3枚でているので、残り1枚のKを持っている可能性は少なく、AJ、QQのようなカードを持っていたらコールしてほしいところです。

オールインまでいきたいので、スロープレーは良くないと思うし、タダで相手にカードを与える訳にはいかないので、ポットの半分ぐらいベットしました。この時、ポットオッズは25%で相手は26%のエクイティがあるので、相手にとってはコールするのが正しいベット額を与えてしまっています。

 

フロップでコールされたので、相手はフラッシュドローを持っている可能性が高いです。ターンは安全なカードが落ち、状況は何も変わっていないので、絶対にベットすべきです。

ここでは相手がターンでコールしてくれ、リバーでダイヤが来なかったらオールインすることも考えて、少し大きめに2/3 ベットしました。相手はポットオッズが29%でエクイティが16% なので本来コールするのに正しいポットオッズが与えられていませんので、コールすべきではないでしょう。

リバーでダイヤが来て、相手がドンク(前のラウンドで主導権がないので普通はコールして相手のベットを待ちますが、主導権がないのにベットすること)でオールインしてきたら、こちらもフラッシュを警戒します。

インプライドオッズ(もしドローがヒットしたら相手からより多くのチップを獲得できる可能性があることを考えてポットオッズを修正すること)が低いことを考えてもポジションがないのにここでコールするのはミスでしょう。相手はコールしました。

 

相手がドンクでオールインしてきませんでしたし、ランナーランナー(ターン、リバーと2枚続けて必要なカードが来てドローが完成すること)♥フラッシュの可能性はほぼないでしょう。自分が勝っていると思うのでバリューをとるためにオールインします。

私が何も持っていないのに3バレル(フロップ、ターン、リバーと3度続けてベットすること)をしている可能性は少なく、中程度のハンドを持っていたらリバーはコールで返すでしょう。

相手はワンペアとキッカーが良くないのでコールすべきではないのですが、下手なプレーヤーなので自分のカードにしか関心がなくAがリバーに来たのでコールしてくれました。

 

中盤

ディープスタックなプレーヤーは少なく、ショートスタックかミドルスタックなプレーヤーがほとんどでしょう。ショートスタックの場合はプッシュかフォールドの戦略になります。ミドルスタックの場合は序盤よりもルーズにプレーします。スティールを増やし、ブラインドをできるだけ守ります。またフロップでのコンティニュエーションベットを序盤よりも増やします。

 

プリフロップでSB から2.5倍のレイズをしたらBBにコールされました。Aを持っていたら、ブラインド対ブラインドでは積極的にスティールしましょう。

ドライなフロップ(ドローの可能性が低く、お互いのハンドにあまりヒットしていないフロップ。反対にウェットなフロップはドローの可能性が強くコンティニュエーションベットをしてもコールされる可能性が強い。例えば、T♥9♥8♠のようなフロップ)が落ち、お互い何もヒットしていない可能性が強いです。

ここではコンティニュエーションベット(前のラウンドでレイズまたはベットしたプレーヤーが続けてベットすること)を半分打ちました。相手がポケットペアやTを持っていたら、コールされ、自分より弱いカードを持っていたらフォールドされるので、あまり良いコンティニュエーションベットではないかもしれないです。しかし相手がアグレッシブで私が弱みをみせると積極的にベットして来るので、Aしか持っていないのにオールインまでしたくないのでベットしました。

 

終盤

入賞が確定し、ファイナルテーブルを目指します。トーナメントでは優勝者に手厚い賞金が配分されます。そのため生き残るためにタイトにプレーするのではなく、優勝を目指し、積極的にスティールや3Bet をしましょう。

 

 

ブラインドスティール

レイトポジションでは積極的にブラインドスティールをしましょう。ここではミニレイズして36000のリスクで45000のポットを獲得しました。もし45%(36000÷81000)以上の確率でブラインドスティールが成功すると考えたら、どんな2枚のカードを持っていたとしてもスティールすることで利益がでます。ブラインドがどのくらいの確率でフォールドするのかを考え、タイトだったらあまり良いカードではなくてもスティールをしましょう。

反対にブラインドにいる時は、なるべくブラインドを守りましょう。ここではBB はあと18000だしてコールすることによって、99000のポットに参加できます。よほど屑ハンドではない限りコールすべきだと思います。

-トーナメント

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

トーナメントの種類

Bounty Builder プログレッシブ ノックアウト形式のトーナメントで1時間に1回開催されます(0:30am~3:30amは1時間に2回)。バイイン額のうち、半分が賞金額に半分が各プレーヤーの …

(KO)ノックアウトトーナメント

KOトーナメントとプログレッシブKOトーナメント KOトーナメントは相手のプレーヤーをノックアウトするとバウンティとして賞金がもらえます。KOトーナメントは大きく分けて普通のKOトーナメントとプログレ …

トーナメントイベントと週末トーナメント

トーナメントイベント WCOOP オンラインポーカーの中で最も大きなトーナメントイベントです。毎年9月に開催されます。メインイベントはバイイン額$215、$5200の2つあり、優勝賞金はそれぞれ$25 …